管栄マネ子、自己紹介

■自己紹介

 

管栄マネ子
管栄マネ子

はじめまして!管栄(かんえい)マネ子です。 

私は、現在週に3日ほど休日を作りながら、年収400万円、月に30~45万円程を稼いでいるフリーランスの管理栄養士です。
(5歳娘と1歳息子、二児の母でもあります)

職業にかかわらずフリーランスで収入を得るのは大変だと思いますが
私は管理栄養士の資格を生かすことで、ここ数年は年収400万円ほどを維持しています。

家族との時間を大切にしながら、特にストレスもなくフリーランス管理栄養士として働いている様子を見て、管理栄養士の方から『どんなお仕事してるの?』と聞かれることが増えてきたのでブログを始めてみました。

今回は自己紹介をさせていただきますね。

まず最初に言っておきたいのは、ぶっちゃけ私も、はじめからこんなにゆったりとした生活をしていたわけではないということ。
会社員としてストレスフルに働いていた時期や、独立したはいいものの全然稼げなかった時期がありました。

でも、子どもが生まれ、子どもにどんな親の背中を見せたいかを考えるようになったことをきっかけに、自分の生き方を見つめ直し、今のライフスタイルに辿り着きました。

まだまだ理想の人生に向かっている途中ですが、これまでに私が乗り越えてきたことが、今の仕事に悩んだり不満を持っていて、転職や独立を考えている管理栄養士さんへの何かのヒントになれば嬉しいです。

社畜時代

今はフリーランスというか個人事業主として働いている私ですが、大学卒業後はごく普通の会社員として働いていました。

管理栄養士の試験に合格し晴れて管理栄養士となったわけですが
調理をすることや病院で病気の人相手に仕事をすることに興味がなかった私は
大学を卒業後は某百貨店にて健康食品の販売を行っていました。

健康食品に限らず、販売員の仕事で『休みがたくさんあってお給料も良くて~』なんて聞いたことないですよね。
私の勤めていた会社もご多分に漏れず、なかなかのブラック企業でした。笑

常に人手不足で、有給なんてまず使えないし、店長業務をしていたにも関わらず手当はつかず平社員と同じ給料、それなのに問題が起きれば休日でも百貨店の社員さんから呼び出しがかかって休日出勤。バイトさんが休めば休日返上で私が出勤。
土日は基本出勤なので土日休みの彼氏とデートすることすらままならず。

私は実家が遠くにあるのですが、この会社員時代は連休が取れなかったためにほとんど実家にも帰ることができず、数年親の顔を見ることすらできませんでした。
もちろんボーナスなんて1円ももらったことはありません。

百貨店の営業時間に合わせて早番と遅番があったのですが、そのシフト勤務で生活リズムが乱れることもわたしにはしんどくて、今思えば常に疲労がたまっていて精神的にも軽く病んでいました。

もっと休日が欲しい
会社からの呼び出しを気にせずデートしたい
連休をとって旅行に行きたい
両親に会いたい。ゆっくり帰省して親孝行したい
働きを評価してほしいしそれに見合うお給料が欲しい
友達みたいにボーナスで大きな買い物してみたい

などなど。会社員時代は不満がいっぱいでしたが
日々に疲れすぎて、会社を辞めるとか新しい仕事を探す気力も残っておらず
「働いてお金をもらうってこういうこと」
「しんどい思いをして働いているのは私だけじゃない」
という自分の中の常識で自分を納得させているようなところもあり
不満を抱えたまま変わらない日々を長いこと過ごしていました。

そんな暗黒時代が3年ほど続き、当時付き合っていた彼(今の夫)との結婚が決まったころ、事件が起こりました。
関西エリアの他店舗で同じく店長をしていた同僚が、流産したのです。

まだ安定期に入っていなかったため、わたしは彼女が妊娠していたことすら知らなかったのですが、その流産したことを聞く直前まで、彼女は私と同じように【普通に】働いていました。
バイトさんが休めば代わりに出勤したり、人手不足から早番~遅番を通しで12時間くらい働いたりもしていました。

もちろん、エリア担当の上司は彼女の妊娠を知っていました。

後日直接話をした時に、責任感の強い彼女は「流産は会社のせいじゃない」と目に涙をためて言っていましたが
普通に考えて、妊娠初期の女性に12時間も立ち仕事をさせるなんてありえない!!

女性中心の会社なのに、妊娠中の女性も、小さな命さえも守れないなんて。
いや、守れなかったことよりも、守ろうとしなかったことに衝撃を受けました。
頭に【社畜】というワードが浮かびましたねぇ。

わたしも結婚して、ゆくゆくは赤ちゃんが欲しいと思っていたので、この出来事をきっかけに会社を辞めることを決心しました。

稼げないフリーランス時代

しばらくは失業保険で食いつなぎながら知り合いの飲食店を手伝ったりして、次に何をしようか考えていました。
人より秀でた何かがあるわけでも、人脈があるわけでも、カリスマ性があるわけでもない私。


それなのに何を思ったか、当時のキラキラ起業女子ブームに乗っかって
自営業って!個人事業主って!フリーランスって!なんか素敵!!
というノリで開業届けを出してフリーランスを名乗り始めてしまったのですよ。笑

この時は、フリーランスとして、個人事業主として、自分で稼ぐことの大変さを全くわかっていませんでした。。。

その後、自分にできることを考えて思いついた料理教室をしてみたりしたのですが(あぁ、思い出したくない黒歴史。笑)
集客のために時間をかけてブログを書いて
教室のための資料を作って
前日には翌日の教室の準備をして
当日は丸一日教室にかかりっきり
それが終われば報告ブログを書いて…って

手間と時間はかかるのに、お金が発生するのは当然当日だけなので、まったく割りに合わず。

教室を1回開催するのに3日分くらいの時間と労力がかかってるのに、当日は参加費3,000円×4名=12,000円とか。
3で割って日当にすると4000円ですよ!!

ここから材料費を引くと残るのは小学生のお小遣い程度。
4人来てくれてこれなので、お客様が一人の時なんて計算するのも恐ろしいほど…

絶対に料理教室で成功したい!という情熱があったわけでもなかったので
こんなん無理!やってられるか!となり即退散しました。笑

特定保健指導との出会い

自分のスケジュールを自分で自由に決められるフリーランスの働き方はすごく気に入ったのですが
自分が何かを企画して集客をするというのは避けたい…
フリーランスとしてできて自分で集客する必要のない仕事ってないんかな~
と探して見つけたのが【特定保健指導】のお仕事。

栄養指導は未経験だったけど、未経験でもOKと書いてあったので応募してみました。
そしたら合格しました。
実務経験にもなるので、もしこの先どこかで勤めたいってなったときにも生かせるのではという思いもあってやってみることにしました。

で、これがわたしにはがっちり合っていて!
当時は結婚はしていたけどまだ子どもがいなかったので、出張に行ったりもしながら、月に40万円程稼ぐようになりました。
特定保健指導のお仕事だけで、です。
(特定保健指導の仕事内容や報酬についてはこちら→フリーランス管理栄養士が稼ぎやすい特定保健指導の仕事とは

毎日いろんな所へ出かけて仕事をすることや、やったらやった分だけ報酬がもらえるというのがわたしにはすごく合っていたし、ややこしい人間関係もないのでストレスフリーで働くことが出来ていました。

スケジュールは自由自在なので、年に2回は海外旅行をして、国内旅行は毎月していました。
それに加えて年に2~3回は休みを取って実家にも帰れるようになりました。
両親も喜んでくれていました。

セレブになれるほど収入があるわけではないですが、国内外を旅行したり、年に数回10日程休みをとって実家に帰ったりしながら、美味しいものをたくさん食べて、少し貯金が出来るくらいの余裕がある充実した新婚生活を2年ほど送りました。

で、そろそろ赤ちゃん作ろうか~となってすぐに、すんなり妊娠することができ、長女を出産しました。

産後の働き方と収入

産前は大きなおなかを抱えてわりとギリギリまでお仕事をしていました。

産後は育児中心と決め、自分のお小遣い稼ぎと気分転換になる程度に特定保健指導の継続支援の仕事を続け、完全在宅で十万円弱の収入を得ていました。

良くも悪くも、働いた分だけ収入が得られるのがフリーランスのお仕事。

一人目の産後は在宅でできる特定保健指導の継続支援だけ行っていたので、金銭面ではちょっときつかったです。

その後長女が保育園に通うようになってからは仕事量を増やし、また月に30万円ほど稼いでいたのですが、昨年長男が生まれたことでまた今は育児中心の生活から少しずつ仕事量を増やしているところです。

一人目の産後、特定保健指導の継続支援だけでは収入が少なすぎたので、二人目の今回は、物販や保育園の献立や食育の監修を行うなど特定保健指導以外の収入源を増やすことで、一人目の育児中よりも収入が増えています。(月15万円程度)

おわりに…

こんな風に、会社に勤めるのではなく、フリーランスや個人事業主として働くことのメリットは自由度が高いところだと思います。
それって、その時々の自分の大切にしたいものを大切にしたり、やりたいことが出来るってことでもあると思うのです。

数年前、会社を辞めるという選択をしていなかったら…

今みたいに心に余裕をもって子どもたちに接することが出来ていたかな
遠くに住んでいる両親にかわいい孫をたくさん会わせてあげることが出来ていたかな
子どもたちの将来のためにお金を貯めることが出来ていたかな

答えはNOだと思うのです。

会社を辞めるという行動を起こして本当によかったと思っています。
行動を起こさなければきっと何も変わらないままだったから。

逆に、行動を起こすことで、自分の理想の人生に近づくことが出来るってことが分かりました。

私は数年後のなりたい自分として、もっと収入を増やしてお金に縛られない自分になりたいと思っています。

子どもたちの成長に合わせて、いろんな対応ができる母親でありたいし
両親も高齢になってきたので、もし遠くに住む両親に何かあったときにすぐに駆け付けたり世話が必要であればそれが出来る自分でいたいからです。

今はそこに向かって行動を起こしています。

フリーランスや個人事業主としてやっていくって、本当に大変なことだと思います。
でも、管理栄養士の資格を活かすことで、フリーランスや個人事業主としてかなりやりやすくなります。
実際に、私は管理栄養士の資格がなかったらフリーランスとしてやっていけなかったと思います。

 

こんな、人より秀でた何かがあるわけじゃない、ごく普通の人生を送ってきた私でも
年収400万円くらいであれば稼げています。

だから、収入がそれ以下でまずはそこを目指したい管理栄養士さんがいれば
あなたにも絶対にできる!と断言できます。

頑張って勉強して管理栄養士の資格を取った管理栄養士さんは
それだけで勝手に仲間だと思っているので
収入が増えればあなたの理想の人生に近づけるなら
そこを増やせるお手伝いが出来ればと思っています。

私もまだまだ試行錯誤しながら理想の自分、理想の人生に向かっているところです。
あなたも一緒に行動して自分の理想の人生を生きませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました